社宅代行サービスについて

社宅代行サービスについて

社宅管理や出張による宿泊の手配などの業務にお悩みではありませんか?弊社では、企業のご担当者様に変わって煩雑な審査や手続きを代行致します。

社宅代行サービスの始まりは?

社宅代行サービスとは、社宅の契約や解約、入退去管理といった社宅業務を、企業の代わりに行うアウトソーシングサービスのことをいいます。1990年代の中頃から、業務効率化のためアウトソーシングを利用する企業が増え始め、福利厚生の一つとして借り上げ社宅の需要も高まっていきたことから生まれたサービスです。借り上げ社宅は家主が個人の場合が多く、複数の社宅を契約する時には、それぞれ個別の契約が必要となります。また不動産の賃貸借契約などに関する専門知識も必要となり、複雑な業務を人事部だけで担当することに限界を感じた企業のニーズと、当時新しいサービスを模索していた不動産賃貸業や不動産仲介業のニーズが一致し、社宅代行サービスが確立していきました。

社宅代行サービスを利用するメリット

社宅代行サービスを利用するメリット

社宅の契約や解約手続きは年度末に多く、短期間に業務が集中しがちです。企業規模が大きくなるほど異動人数も多く発生しますが、そんな時も全国に展開しているネットワークを通してスピーディーな物件探しが可能です。さらに家主や近隣からの問い合わせやクレームにも速やかに対応し、快適な住居をサポート致します。また人事部や管理部門の従業員が宅建などの知識があればいいのですが、通常は賃貸の専門知識を持っている従業員はほとんどいないものです。社宅代行サービスを活用することでコスト削減はもちろん、人事部や管理部門の事務手間の削減、さらに利用する従業員にとっても、多くの物件から社宅を選べるというメリットがあります。

定例的な業務であり判断基準もほぼ一定、そして専門知識を必要とされる社宅の管理業務は、プロに任せることで結果的に費用削減に繋がります。弊社では全国対応の社宅や法人様向け短期賃貸マンションなどをニーズに合わせて提供致しております。1泊の出張でもご利用可能な物件や提携ホテルもございます。どうぞお気軽にご相談ください。