社宅管理業務について

社宅管理業務について

従業員に対して、社宅を提供している企業は少なくありません。しかし、社宅担当者においては社宅管理業務が大きな負担となってトラブルになるケースもあるようです。それでは、一体社宅管理業務とはどのような仕事なのでしょうか。

そもそも社宅とは?

そもそも社宅とは?

社宅というのは、企業が従業員に対して比較的安い賃料で貸与する住宅のことを指します。社有地に設置しているケースや、賃貸マンションやアパートを借り上げ社宅とするケースもあります。企業が社宅を導入する目的としては、従業員のモチベーションを高める福利厚生の一環として社宅を導入するケースと、転勤や異動を命じる企業が従業員の転居に関する負担を少しでも軽減するために社宅を用意するケースがあります。

社宅管理業務とは

社員個別に不動産物件を探すことから始まり、契約ごとに発生する大家や管理会社との契約書の確認や交渉、社宅への入居手続きや入居する社員への説明、退去時の手続き、火災や災害の予防および建物の保守点検など、一口に管理といってもその業務は多岐にわたり、専門知識も必要になります。さらには、地域によって契約が異なる場合もあり、人事異動時期や新卒採用による大量入社で対応やトラブルなどが集中してしまうのも、社宅担当者にとって負担が大きくなる要因の一つです。

管理業務の負担を減らすために

弊社では、ウィークリーマンションやマンスリーマンションサービスのビジネス基盤を活かし、そのような社宅管理業務の負担を減らすためのサポートを行っております。家具付きの賃貸物件を社宅として提供することで、社宅担当者にとっては大きな負担となっていた家具類の企業負担、および手配の手間を大幅に軽減できるのです。


家具付き物件は、コスト削減にも繋がるためおすすめです。また、社宅管理代行の依頼業務は、お客様のニーズに合わせてカスタマイズすることも可能になります。全国対応でサービスを提供しますので、社宅を必要としている企業や法人の皆様は、ぜひ一度ご相談ください。