単身赴任に必要な手続きについて

単身赴任に必要な手続きについて

単身赴任に必要な手続きについて

我が国、日本では単身赴任者の数が年々増加しています。特に、大企業になりますと拠点も多くなるため、単身赴任を命じられることも多々あると思います。しかし、初めての単身赴任となると「準備するものは?」、「必要なものは?」とあらゆる疑問を抱く方が多いです。そこで、こちらでは「単身赴任に必要な手続きについて」ご紹介します。後々トラブルに発展させないためにも、しっかり事前準備を行いましょう。

住民票の移動

単身赴任の際に、住民票の移動に関して悩む方は多いです。基本的に、法律では住所を変更した際、14日以内に住民票の移動を行うことが義務付けられています。しかし「単身赴任の期間が1年以下の場合」、「家族の住む家が生活の拠点となる場合」は、住民票の移動が必要ないと判断されることもあり、状況に応じて対応が異なります。中には、住民票の手続きが面倒に感じてそのまま移動しない方もいらっしゃいますが、免許証の更新や住民票が必要になった際に不便を感じることが多いです。住民票の移動手続きを行う際には、単身赴任の期間や会社の規程をしっかり把握した上で行いましょう。

カード類や郵便物の住所変更

単身赴任の際には、使用するクレジットカードや銀行のカード、運転免許証の住所変更も忘れずに行いましょう。また、郵便物の転送願も提出しないと、自分宛ての郵便物が手元に届かなくなってしまいます。変更手続きは、郵便局の窓口、もしくは郵便局に設置しているハガキを投函すれば完了します。自宅にいるご家族様にも不便をかけてしまいますので、新しい住まいが決まったらすぐに取り組んでおくことをおすすめします。単身赴任で大切なことは、事前準備です。自分の新しい住まいと、それに伴う手続きを忘れずに行いましょう。

弊社では、家具付きの賃貸物件を社宅として提供する「社宅管理代行サービス」を行っています。一般的に、賃貸物件を社宅として契約する場合、家具類を企業で負担することがあります。しかし、弊社のサービスを利用すれば、そのようなコストや準備にかかる手間を大幅に削減することが可能です。また、オーナー様に向けては社宅管理や入退去管理も徹底的にサポート致しておりますので、安心してご利用頂けます。急な出費や短期宿泊、単身赴任など、法人向け社宅の賃貸物件をお探しなら、ぜひ弊社をご利用ください。