社宅で起こりやすいトラブルとは?

社宅で起こりやすいトラブルとは?

社宅で起こりやすいトラブルとは?

借り上げ社宅が注目を集めていますが、集合住宅であるが故に複雑なトラブルが起きていることも事実です。企業側はトラブルの対応に追われ、コスト削減どころか大きな負担を背負うリスクもあります。こちらでは、そのような社宅で起こりやすいトラブルについて解説します。

社員同士のトラブル

ほとんどの社宅では、勤務先の同じ社員が入居者となります。そのため、職場での人間関係が社宅に持ち込まれる、あるいは社宅での人間関係が職場に持ち込まれるケースが少なくありません。社宅でよくあるトラブルに、騒音問題があります。上階の生活音が気になって眠れない、子供が泣いたり飛び跳ねたりする音がうるさい、といったクレームが会社に寄せられるケースです。社宅の場合は職場での上下関係が持ち込まれてしまうため、上司に対して強く言うことができないケースも少なくありません。解決されないまま問題が複雑化すると、職場での人間関係がこじれ、業務に影響する可能性もあるでしょう。本人同士での話し合いが難しい時には、社宅担当者が介入してトラブルを処理することになり、大きな負担となりかねません。

原状回復費をめぐるトラブル

社宅においては、物件のオーナーと入居者のトラブルも後を絶ちません。特に急増しているのが、解約時の原状回復費をめぐるトラブルです。原状回復費の範囲や金額をめぐってオーナーと入居者の考え方が異なると、複雑なトラブルが発生しやすくなります。賃貸では契約期間が長期にわたる場合が多く、損耗の有無や発生時期などの事実関係をめぐるトラブルに繋がりやすいのです。「退去時の費用が高すぎる」、「不当な請求分がある」といった入居者のクレームから始まって裁判に発展することも多く、企業側はトラブル対応に追われるリスクがあります。

社宅代行サービスを利用すれば、そのようなトラブル対応や処理に追われる心配もなくなります。弊社では、豊富なノウハウと充実したサービスで法人向け住宅のあらゆる問題を解決します。社員様からのクレームには、弊社が責任を持って対応致します。社宅代行サービスは全国対応ですので、お気軽にお問い合わせください。