社宅を有効活用する方法

社宅を有効活用する方法

入居率の低下、建物の老朽化が課題

自社で保有する社宅を有効活用されていますでしょうか?近年では、個人志向やプライバシーの尊重といった住まいに対するニーズの変化により、社有社宅への入居率が低下し、空室が増加傾向にあります。空室率が上昇する一方で、建物の老朽化に伴う修繕費用や防犯対策、耐震補強費用などの維持管理コストは増加していくことになります。採算性の悪い社宅は、経営に大きな影響を及ぼしかねません。2000年以降に社宅を廃止した企業は、かなりの割合に上ることが明らかになっています。

借り上げ社宅や独身寮への移行が進む

借り上げ社宅や独身寮への移行が進む

社有社宅は、今後さらに縮小・廃止の方向に進む可能性があります。そして、その代替措置として借り上げ社宅に移行する企業様も少なくありません。借り上げ社宅のみを保有している割合も増えつつあります。特に、社員数の少ない企業では社有社宅を保有するよりも、必要に応じて借り上げ社宅を利用したほうがより効率的といえるでしょう。ここ数年の新卒採用の活発化に伴って、魅力的な採用条件の一つに独身寮の新築や建て替え、設備の充実を実施するケースも増えてきています。

社有社宅にはあらゆる活用法がある

もちろん、社有社宅であってもあらゆる活用方法を検討することが可能です。例えば、賃貸物件として一般の入居者を募集し、年間100万円以上の賃貸収入を生み出す資産として運用することができます。現代のニーズに合った間取りや設備へのリフォームを行い、不動産としての価値を高め、満足度の高い社宅へと変えていくこともできます。また、一棟貸しを希望する法人企業と賃貸契約を結ぶことで、安定した収益が実現できるかもしれません。高齢者施設などの、用途を変更して活用するのも一つの方法です。

社宅に関わる課題は山積みですが、戦略次第では貴重な保有資産となります。ぜひこの機会に、社宅の活用方法を根本的に見直されてみてはいかがでしょうか。弊社では、社宅の有効活用に関して企業様のニーズに合わせたベストな解決策をご提案させて頂きます。コスト削減に向けた社宅管理代行は、ぜひ弊社にお任せください。