賃貸経営のメリットとリスクを把握しよう

賃貸経営のメリットとリスクを把握しよう

賃貸経営のメリットとリスクを把握しよう

メリットが多いことで注目されている賃貸経営ですが、その反面リスクが伴うこともきちんと理解しておくことが大切です。

賃貸経営のメリット

・長期的に安定した収入が得られる
賃貸経営が安定していると、毎月の家賃収入を現金で受け取ることができます。老後の生活に不安要素の多い近年では、老後資金の確保のために賃貸経営を始める方も増えてきています。


・少ない資金でも始められる
アパートやマンション、ビルなどの物件購入は融資が受けられるので、頭金が少なくても始められます。ローンの返済には家賃収入をあてて、完済後は土地や建物が資産として残ります。効果的な資産形成に繋げることが可能です。


・節税対策となる
固定資産税や相続税、所得税、住民税などの税金を軽減できる点も、賃貸経営の大きなメリットといえます。オーナー様の収入によっても節税効果は異なりますが、これらを見越して賃貸経営を運営するのも良いでしょう。

賃貸経営のリスク

・空室リスク
賃貸経営をする上で最も影響を及ぼすものが、空室です。部屋を貸し出して家賃収入を得ることで、賃貸運営は成り立ちます。そのため、空室が多いほど収入は減少してしまいます。空室リスクを回避するためには、賃貸経営の専門家へご相談ください。


・ローン返済額の変動
アパートやマンションを購入する際、変動金利によるローン契約を行った場合には、金利が上昇して返済額が上がるリスクを考慮した資金計画が必要になります。


・建物の老朽化
風雨や紫外線などの影響で、建物は劣化してしまいます。建物の経年劣化は避けて通ることはできません。しかし、老朽化しているとあまり良い印象を与えられず、入居者が決まりづらくなります。老朽化のリスクを最小限におさえるためにも、あらかじめメンテナンス費用を含んだ収支計画を立てておくことが大切です。

賃貸経営には、上記のようなメリットとリスクが付きまといます。弊社では、賃貸経営を始めたいとお考えのオーナー様をバックアップしており、入居者募集・入退去管理・家賃管理・物件メンテナンス・コンサルタントなどの賃貸経営に関する様々な業務をサポート致します。その他にも、法人向け不動産サービスや社宅管理代行サービス、オーナー向け賃貸のご紹介など、幅広く対応しておりますので、お気軽にご相談ください。